お子さんの天から授かった才能、引き出されていますか?

 

ノミは自分の身長の何十倍もの高さを飛ぶ事ができるそうです。

人間の大きさにすると「東京タワー」くらいの高さまで飛べるぐらいの力だそうです。
そのノミをビンに入れて蓋をしてみると、最初はビンから脱出しようとして何度も身体を蓋にぶつけながら思い切りジャンプをします

しかし、その状態が続くと、やがてノミは蓋の高さまでジャンプする事をやめ、ビンの高さしか飛ばなくなります。
そして驚くべきことに、蓋を外した後もビンの高さしか飛べなくなってしまうそうです。

つまり、ノミは飛ぶ能力があるのに、蓋があると思い込んでしまい、自分で限界を作ってしまったのです。

 

これはノミに限った話ではありません。

人も能力、才能があっても自分で限界を作ってしまい、飛ぶことを諦めてしまうことがあるのです。

知らず知らずに子供にかけている言葉、
子どもを思っての言葉がけが、実は、子どもの才能や可能性を閉じる言葉になってしまうことがあるのです。

 

子どもたちは、生まれてくる前に夢を決めてきています。

そしてその夢を叶えるための才能を授けられています。

子ども未来がっこうでは、お子さんが決めて来た「夢」を思い出しし、授かってきた才能を引き出すきっかけとなります。

そして、才能を活かしながら夢を叶える力を子供たちの中に育みます。

 

おかあさんへのミニ授業も!

子ども未来がっこう親子クラスは、おかあさんのミニ授業つき。

潜在意識(無意識)を味方につける究極の子育てのポイントをお伝えします。

 

 

自信をなくした子どもたちへ
もう怒りたくないお母さんへ

 

こんにちは。

子ども未来がっこう 講師の吉田淑恵(よっちゃん先生)です。

 

かつて私は、怒ってばかりの母でした。

“自尊心は高いのに、劣等感が強い。”

これは、娘が小4の春に、担任の先生から言われた言葉です。

まさにその通り。娘は、プライドは高いのに自信がない。

自分自身のことが好きじゃない。自分はダメだと思い込んでいるのです。

 

とにかく、どうにかしたかった。

でも、色々調べれば調べるほど

「小さい時に怒られ過ぎたことが原因」

と書いてあるものが出てきて自己嫌悪・・・。

 

私自身も初めての子育てで、目安も加減もよく分からないまま、怒り過ぎたと思います。

とても後悔。何とかしなければ。

 

・今までの育児をやり直したい

・怒りすぎてしまったことへの反省

・子どもへの申し訳なく思う気持ち

・その反面、マイナス思考の娘への苛立ち

 

そんな育児の悩みが、一気に解消するきっかけが、子ども未来がっこうでした。

自分が背負ってきたものを下ろす、怒らなくてすむようになるって、想像以上に楽になります。

 

・自信をなくした子のお母さん

・ヤル気スイッチの入らない子のお母さん

・もう怒りたくないお母さん

・これからの育児に不安を抱えるお母さん

 

ぜひ一度、子ども未来がっこうへ、足を運んでみてください。

お子さんとお母さんが、楽しい変化を実感するお手伝いができると信じています。

 

実体験のレポートです。

これは、11歳の娘が『子ども未来がっこう』を
受講した時のことを書いた、私のブログのまとめです。
私たち親子が体験した《生の声》をぜひお読みください。

第1章 まほうが使えるようになりました

第2章 まほうが使えなかった頃の話

第3章 まほう使い誕生

第4章 9ヶ月後の受験生

子ども未来がっこうコース案内へ