記憶に残る幕の内弁当はない

みなさんも、今まで食べた幕の内弁当で

一番うまかったものなんか絶対覚えてないでしょうけど、

うなぎ弁当とか、釜飯とか、カレーとかは覚えられるじゃないですか。

 

これはヒットを生み続ける秋元康さんの言葉です。

 

今までの日本の教育は、幕の内弁当を作ろうとしてきました。

 

幕の内弁当とは、

個性やずば抜けた特徴を持つ子よりも、

どの教科もなんべんなく良くできる『なんでもできる子』です。

 

なんでもできる子を目指してしまいがち。

そんな

『なんでもできる子 = イイ子』

という教育を受けてきた私たち世代が親となった今、

自分の子どもにも

『なんでもできる子 = イイ子』

を求めてしまいがちです。

 

国語も算数も理科も社会も英語もできる、

運動もできる、歌も絵も上手、

そういう子って確かにいますね。

 

でも、そこは目指さなくていいんじゃないかと思います。

 

美味しいうどんが食べたい時に、どこに行きますか?

メニューが大と小しかないうどん屋さん?

うどんもそばも丼ものもやっている蕎麦屋さん?

なんでもあるファミリーレストラン?

 

もちろん、うどん屋さんでしょう!

 

美味しいうどんが食べたい時に、

「あのうどん屋さんに行きたい!」という

“あの”うどん屋さんのような存在が、

世の中では必要とされています。

 

あなたは、お友だちを選ぶ時に、

あの子は5教科全部できるから、

あの子は運動もできるから、

あの子は絵も歌もが上手いから

 

なんて決めたりしますか?

たぶんしませんよね?

 

にもかかわらず今の学校教育というのは、

なんでも良くできる子どもたちを評価します。

 

5教科の偏差値と、体育・音楽・美術の内申点。

 

なんでもできるけど、できない子をバカにして意地悪する子

ちょっとどんくさいけど、お友だちに優しくて親切にする子

 

どちらと仲良くしたいですか?

 

これからの時代、必要なのは『人間力』です

2020年から大学入試がガラリと変わります。

センター試験に代わる試験では、暗記だけの学習では太刀打ちできず

応用力が求められます。

 

昨日の新聞に例題が載っていたので、解いてみました。

 

私たち世代が受験した頃のものとは全く傾向が違って、

いろんなものを繋げて考える力や、違った視点に立って考える力など、

社会に出てから必要となる力が求められることを

強く感じました。

 

また、いわゆる偏差値で表される学力だけでなく

AO入試や推薦入試が増えています。

 

AO入試とは、書類と面接などにより、

成績、適正、意欲、興味・関心などを総合的に判断し、

合否を決定する試験のスタイルです。

 

AO入試や推薦入試いずれかによる大学入学者は、

2015年の調査で、全体では42.9%。
(国立大学が14.8%、公立大学が26.1%、私立大学では49.9%)

 

国立大学では低い割合となっていますが、

国立大学協会は、2020年度までの期間で

推薦入試やAO入試の合格者を

定員の30%を目標に拡大していくことを示しています。

 

人間性やコミュニケーション能力が大切なことに気づいたのです。

 

あなたは、何弁当ですか?

あなたというお弁当の

メインのおかずを《才能》=《強み》といいます。

 

あなたの才能(強み)は、なんですか?
あなたのお子さんの才能(強み)は、なんですか?

 

強み=得意科目ではないですよ。

 

わたしなんて、いいところが一つもなくて・・・

うちの子なんて、人よりできるものなんて一つもないわ・・・

 

と思っていませんか?

 

強みは、誰にでもあります。

ただ、残念ながら、普通に暮らしていると見つけにくいものなのです。

 

まだ、自分やお子さんに強みに気づいていない方は、

この無料メール講座を受講してみてくださいね。

 

才能発見!
子どもに強みを10個プレゼントする
14日間メール講座

無料メール講座に登録フォーム

* 入力必須

無料E-BOOK【心が軽くなる まほうの言葉50選~育児編】

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。(アイン・シュタイン/物理学者)

「今でなくても」が、「やらなかった」になるのは実に早い。(ルター/宗教改革者)

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。(ジョージ・エリオット/作家 )

 

毎日イライラしながらの子育てから脱出して、

読むだけで心が軽くなる、子育てに役立つ名言50選。

メルマガ会員限定の無料E-bookです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。