幸せの反対は、不幸ですか?

幸せという漢字は、何を表しているの?

 

先日の講演会で、幸せという漢字についてのお話がありました。

 

漢字の成り立ちには、

  • 象形(しょうけい)文字

目に見えるものの形を線でえがいた絵をもとに作られた漢字

(日・月・木など)

 

  • 指事(しじ)文字

形として表しにくいことがらを、点や線で示し、その図をもとに作られた漢字

(上、下、本など)

 

  • 会意(かいい)文字

象形文字や指事文字などを二つ以上組み合わせ、もともとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字

(明・岩・森など)

 

  • 形声(けいせい)文字

発音を表す漢字と、意味を表す漢字が組み合わさってできた漢字

(晴・問・味など)

があります。

 

さて問題です。

『幸』という漢字は、どのように成り立っているのでしょう?

 

答えは象形文字なんです。

では、何の形を表しているのでしょう?

 

娘は「笑った顔かな?」と言っていました。

私は「クロスした両手を胸に当てているところかな?」と思いました。

 

どちらも「いいね!」と言いたくなる予想ですよね。

 

ところがこれ、「手足を縛られている人」の形なんだそうです。

 

なぜそれが幸せ?

意外ですよね?

身動き取れないのに、なぜそれが幸せなの?

 

なんにもしなくていいから?(笑)

 

いえいえ。そうではありません。

これ、「体は縛られているけれど、心までは縛れないから」。

 

そうなんです。

意外だと思ったのは、

『手足を縛られている=不幸』

だと思ってしまったからなんですよね。

 

体は動かないけど、心は自由!

見方、感じ方が変われば、幸せの形も変わるのです。

 

幸せの反対語は、なんだろう?

講演中に、演者の方がふと疑問に感じたらしく、

私たちに質問をしました。

 

「幸せの反対語って、なんだろうね?」

 

幸せの反対は、不幸って思いますよね。

でもこれは反対語ではないです。

 

上がるの反対は、下がる。

入るの反対は、出る。

 

「上がらない」「入らない」ではないですね。

 

不幸は「幸せではない」なので、反対語とは言えません。

 

この質問が気にかかって、モヤモヤしていました。

 

驚きの真実が!

わからない言葉は、辞書で調べてみよう!

ということで、調べてみました。

 

すると、なんと!

え?

幸せ?

幸せの反対語は幸せ?

 

この世界は幸せで溢れている

そうなんです。幸せの反対は幸せ。

 

この【幸】という漢字は、

裏返しても、上下逆さまにしても

【幸】なんです。

 

その時に幸せではないと感じていても、

それを乗り越えると、もっと大きな幸せが待っています。

 

幸せでないと感じている状態は、幸せのはじまりなのです。

 

 

やっぱり、この世は幸せで溢れているんです。

幸せは感じ方次第で、いろんな形に変わるものなのです。

無料E-BOOK【心が軽くなる まほうの言葉50選~育児編】

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。(アイン・シュタイン/物理学者)

「今でなくても」が、「やらなかった」になるのは実に早い。(ルター/宗教改革者)

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。(ジョージ・エリオット/作家 )

 

毎日イライラしながらの子育てから脱出して、

読むだけで心が軽くなる、子育てに役立つ名言50選。

メルマガ会員限定の無料E-bookです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。