幸せの反対は、不幸ですか?

幸せという漢字は、何を表しているの?

 

先日の講演会で、幸せという漢字についてのお話がありました。

 

漢字の成り立ちには、

  • 象形(しょうけい)文字

目に見えるものの形を線でえがいた絵をもとに作られた漢字

(日・月・木など)

 

  • 指事(しじ)文字

形として表しにくいことがらを、点や線で示し、その図をもとに作られた漢字

(上、下、本など)

 

  • 会意(かいい)文字

象形文字や指事文字などを二つ以上組み合わせ、もともとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字

(明・岩・森など)

 

  • 形声(けいせい)文字

発音を表す漢字と、意味を表す漢字が組み合わさってできた漢字

(晴・問・味など)

があります。

 

さて問題です。

『幸』という漢字は、どのように成り立っているのでしょう?

 

答えは象形文字なんです。

では、何の形を表しているのでしょう?

 

娘は「笑った顔かな?」と言っていました。

私は「クロスした両手を胸に当てているところかな?」と思いました。

 

どちらも「いいね!」と言いたくなる予想ですよね。

 

ところがこれ、「手足を縛られている人」の形なんだそうです。

 

なぜそれが幸せ?

意外ですよね?

身動き取れないのに、なぜそれが幸せなの?

 

なんにもしなくていいから?(笑)

 

いえいえ。そうではありません。

これ、「体は縛られているけれど、心までは縛れないから」。

 

そうなんです。

意外だと思ったのは、

『手足を縛られている=不幸』

だと思ってしまったからなんですよね。

 

体は動かないけど、心は自由!

見方、感じ方が変われば、幸せの形も変わるのです。

 

幸せの反対語は、なんだろう?

講演中に、演者の方がふと疑問に感じたらしく、

私たちに質問をしました。

 

「幸せの反対語って、なんだろうね?」

 

幸せの反対は、不幸って思いますよね。

でもこれは反対語ではないです。

 

上がるの反対は、下がる。

入るの反対は、出る。

 

「上がらない」「入らない」ではないですね。

 

不幸は「幸せではない」なので、反対語とは言えません。

 

この質問が気にかかって、モヤモヤしていました。

 

驚きの真実が!

わからない言葉は、辞書で調べてみよう!

ということで、調べてみました。

 

すると、なんと!

え?

幸せ?

幸せの反対語は幸せ?

 

この世界は幸せで溢れている

そうなんです。幸せの反対は幸せ。

 

この【幸】という漢字は、

裏返しても、上下逆さまにしても

【幸】なんです。

 

その時に幸せではないと感じていても、

それを乗り越えると、もっと大きな幸せが待っています。

 

幸せでないと感じている状態は、幸せのはじまりなのです。

 

 

やっぱり、この世は幸せで溢れているんです。

幸せは感じ方次第で、いろんな形に変わるものなのです。

子ども未来がっこう 多治見教室 講座ラインナップ

★子どものやる気を自信を取り戻す
《子ども未来がっこう 親子クラス》
https://peraichi.com/landing_pages/view/kodomooyako

★幸せ台本に書き換えて イライラしない子育てを実践
《おかあさんのための子ども未来がっこう 台本書き換えコース》
https://peraichi.com/landing_pages/view/kodomom

★宝探しのように才能を見つけるカードゲーム
《天才カード 親子クラス》
https://peraichi.com/landing_pages/view/tensaicard2

★おかあさんの笑顔が子どもを笑顔にする
《天才カード おとなクラス》
https://peraichi.com/landing_pages/view/tensaicard2

★親子クラス向け 無料メール講座
《才能発見!子どもの強みを10個プレゼントする14日間メール講座》
http://eepurl.com/cQYBI9

★おかあさんクラス向け 無料メール講座
《イライラを元から撃退!おかあさんが少しずつ楽になる14日間メール講座》
http://eepurl.com/cPiDuX

はじめまして「日本強み研究所」です

なな色サロンのセミナー部門は

日本強み研究所として生まれ変わりました。

  • 子ども未来がっこう 多治見教室
  • 天才カードクラス
  • 子ども未来がっこう 認定講師講座
  • ストレングス・チーム・マネジメントセミナー
  • PTA講演会のご依頼・お問合せ

などは、日本強み研究所の公式サイトをご覧ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。