お金と命、どちらが大事ですか?

もし神様があなたに
毎日1回86,400円を
死ぬまでずっとくれるとしたら

あなたは何に使いますか?

 

今日は人からいいお話を聞いたので、シェアしたいと思います。

 

1日86,400円。
美味しいものを家族で食べたいな。

 

1週間で約60万円。
友だちと日本一周旅行に行きたいですね。

 

1ヶ月で約270万円。
車を買おうかな。

 

1年間で約3000万円。
家が買えますね。

 

貯めると結構な額になるので、
夢がひろがりますね。

 

では、使わないお金は取り上げられるとしたら?

もしその86,400円のうち、

残ったお金は、日付が変わるときに全て取り上げられるとしたら、
あなたは何に使いますか?

 

おいしいものを食べて、
欲しいものを買って、
観たい映画を観て、
友だちにプレゼントをして。

 

使い道は人それぞれあると思います。

ただ、共通して一つ言えることは、

「どうせ取り上げられるなら、全部使っちゃおう!」

と思いますよね?

 

貯金もできない、
使っても使わなくても、
どのみち手元に残らないなら、

使っちゃったほうが得ですよね?

実はこの86,400という数字は、1日24時間の秒数です。

私たち人間は神様から、毎日86,400秒をもらっています。

そして時間は貯金することができません。
日にちを繰り越せないのです。

時間は、
有意義なことをしている時だけ減るのではなく、
ムダなことをしている時も、
何もしていない時間も、
良いことをしても悪いことをしても減っていき、

1日の終わりに全部取り上げられます。

 

私たちは、毎日これを繰り返しています。

 

この毎日が繰り返され、約80年続けると、
私たちの命はなくなるわけです。

 

何をしようが、1秒は1秒です。
何をしようが、刻一刻と命は減っていくのです。

 

今こうしている間も、
私たちの命はどんどん減っているのです。

 

86,400円というお金で考えると、「使わないともったいない!」
とあなたも思いますよね?

 

でも当たり前に与えられている“時間”となると、
なぜか「使わずに捨てている」
人が多くなるのです。

 

神様からもらった
86,400円を使わずに、
捨ててしまっているのですね。

ダラダラと何もしない時間も必要です。
「何もしないをする」ことも大切。

そのダラダラが明日への活力となり、ダラダラの結果が幸せなら、
ムダではありません。

 

それはとてもよい時間の使い方です。

全てはバランスが大事です。

 

勉強ばっかり、運動ばっかり、遊んでばっかり、寝てばっかり、と
ばっかりだけではダメです。

食事と一緒で、野菜ばっかり、肉ばっかり、ご飯ばっかり、では

体調を崩します。

お金よりも命が大事だと思うならば

今日から寝る前に
「明日の86,400秒の命は、何に使おう?」
と考えてみてくださいね。

自分の命、何に使おう?

無料E-BOOK【心が軽くなる まほうの言葉50選~育児編】

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。(アイン・シュタイン/物理学者)

「今でなくても」が、「やらなかった」になるのは実に早い。(ルター/宗教改革者)

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。(ジョージ・エリオット/作家 )

 

毎日イライラしながらの子育てから脱出して、

読むだけで心が軽くなる、子育てに役立つ名言50選。

メルマガ会員限定の無料E-bookです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。