どっちに向いて歩きますか?

学校に無理やり行かせることだけが、正しいことではない?

娘は中学生になって3ヶ月半が経ちました。

 

今までとは環境も違う、

生活リズムも違う、

宿題の量も違う。

 

部活に勉強に文化祭の準備にと、大忙しな上に、

全く新しい人間関係に飛び込んだので、

知らず知らずに心も体も疲れが溜まっているようです。

 

だいぶ遅めの五月病とでも言うのでしょうか。

寝不足と肩こり、朝になると頭痛と腹痛が。

 

先日、先生に怒られたことが引っかかっているし。

寝不足で注意力が散漫になるためか忘れ物もチラホラ。

公立の小学校では成績上位だったのに、

私立中学校に入ったので、成績もトップとは言えず。

 

だんだん“行きたくない要素”が積もってきました。

 

またこれが、人間関係ではないところがミソで。

先生も友だちも先輩も、とにかく楽しい!

 

こうなると、まわりに協力をお願いすることもなく、

完全に自分とプレッシャーの戦いです。

 

母としてはね。

  • つらいことから逃げてはいけない!
  • 乗り越えてこそ成長が待ってるんだ!
  • そもそも学校は行くものだ!
  • 一回休むと“サボり癖”がつくし!

という人生の台本(価値観・人生観)を持っているので、

がんばって学校に行こう!と。

 

そこで本人が言うには。

「ちょっと休憩したい。休んでリズムをリセットしたい。」

 

はあ~、そうきたか。

これは母にはない選択肢。

 

つらいことや苦しいことから

絶対に逃げないことを

マイルールにされている方は多いですよね。

これも人生の台本です。

 

たとえつらく苦しい状況にあっても、MAXの力で立ち向かう。

それによって人間的な成長も加速していく。

私はこのタイプ。

 

しかし「逃げないことが制限」になってはいけないのでは?

 

一旦休憩。それもいいかもね。

逃げるのではなく、明日のための休憩。

この休憩は、立ち止まっているわけではなく、

後ろへの歩みなんだ。

違う台本を持っている母と娘は、歩みの方向が違うだけんだ。

 

逃げた者はもう一度戦える(デモステネス)

デモステネスは古代ギリシャの政治家で、

ギリシャ諸ポリスの自立を訴えて

反マケドニア運動を起こした人物。

 

しかし、反マケドニアの機運を高める事が出来ず、失敗。

それでも「逃げたものはもう一度戦える」と言って亡命し、

次のチャンスを伺いました。

 

何事も無理のしすぎは逆効果。

逃げることも必要な戦略なんでしょうね。

一度退いて形成を立て直す勇気が、

次のチャンスを生み出すのかも。

 

耐えることは自分の力となるけれど、

耐えることが本来の目的ではないはず。

 

長い目で見たら「逃げる」ことも前向きな選択になるはず。

 

大切なものをあきらめないために、

今は一旦、何かを横に置いておくということも必要かな。

無料E-BOOK【心が軽くなる まほうの言葉50選~育児編】

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。(アイン・シュタイン/物理学者)

「今でなくても」が、「やらなかった」になるのは実に早い。(ルター/宗教改革者)

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。(ジョージ・エリオット/作家 )

 

毎日イライラしながらの子育てから脱出して、

読むだけで心が軽くなる、子育てに役立つ名言50選。

メルマガ会員限定の無料E-bookです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。