今日から使える!子どもに成功体験を2倍させる まほうの言葉

一人でも多くの人の役に立ちたい

昨日は、土岐市立泉西小学校附属幼稚園の教育講演会でした。

 

講演を通して、私の経験と学びで、

一人でも多くのおかあさんを楽にしたい!

一人でも多くの子どもの才能を引き出すお手伝いをしたい!

 

そんな思いで、ボランティアで講演をしています。

 

学校や幼稚園など教育の現場では

たくさんの方に一度に伝わるので、

そういう機会を与えていただけたことは

とてもありがたいです。感謝感謝です。

 

言葉のパワーはすごい

先月の多治見市立滝呂小学校の親育ち講演会で、

言葉がけ・言葉の力・気をつけたい言葉についてが

一番興味があったようなので、

《言葉力》をメインにお話しました。

 

言葉について解説をしても、

全ての言葉を使いこなせるのは少しコツが要ります。

もちろん、私だって完璧に使いこなせているわけではありません。

 

なので、1つだけ

“今日から使える!

子どもに成功体験を2倍させる まほうの言葉”

をお伝えしてきました。

 

「それ、どうやったの?」

ママ~!見て見て~!

って、お子さんが作品を持ってくること、

よくありますよね。

 

こんな時、

「上手にできたね~」

で終わらせていませんか?

 

工作だったり、折り紙だったり、お絵描きだったり。

ママに見て欲しい!=上手く出来た!=成功体験

なのです。

 

成功体験っていうと、

つい大きな達成を思い浮かべてしまいますが、

こういう日常の小さな成功体験の積み重ねの方が、

自己肯定感をあげるには効果があります。

 

小さな成功体験は、

  • 少しだけの高さのハードルなので、乗り越えやすい
  • そして、日常の中で行われるので、くり返しやすい

というメリットがあります。

 

そこで、結果だけを褒めるのはもったいない!

せっかくした成功体験、もう一度体験しましょう!

 

それを促す言葉が「それ、どうやったの?」です。

 

そう聞かれると子どもは、

喜んで作った過程を話してくれます。

ここは難しかったけど、こうやったらできたとか、

ここが気に入っているポイントだとか。

 

その時に感じたことや、周りの反応など、

なかなかリアルに再現してくれます。

 

脳には、時制がありません。

過去も未来もない。すべてが“今”なのです。

 

工作などの小さな成功体験の過程を、

子どもが自分の言葉にすることによって

脳内ではもう一度、“今”成功体験をしているのです。

 

おかあさんは、毎日忙しくて、

じっくり向き合って聞いてあげる時間もないかもしれませんね。

 

ただ、ご飯を作りながらでも、洗濯をたたみながらでも、

小さな子どもの小さな成功体験に

耳だけ貸してあげてくださいね。

無料E-BOOK【心が軽くなる まほうの言葉50選~育児編】

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。(アイン・シュタイン/物理学者)

「今でなくても」が、「やらなかった」になるのは実に早い。(ルター/宗教改革者)

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。(ジョージ・エリオット/作家 )

 

毎日イライラしながらの子育てから脱出して、

読むだけで心が軽くなる、子育てに役立つ名言50選。

メルマガ会員限定の無料E-bookです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。