隠れた手帳と神様の不思議な話

信じるか信じないかは、あなた次第です。

ここ2週間ばかり、体調を崩していた娘。

熱中症だったり、体のダルさが抜けなかったり、

お腹の動きがストップしたり。

 

中学校に入学して、ちょっと気が張りすぎてたかな~という感じです。

 

学校は楽しい、授業もおもしろい、

友だちもたくさんできて、部活の先輩にも可愛がってもらってて。

 

一見、なんのトラブルもなさそうなのに、朝になると腹痛が…。

本人も、本当は学校に行きたいのに、

体調が悪くて道中も不安だし、

行けそうな感じがしないのが悔しいと。

 

確かに、受験生でも9時間以上寝てたロングスリーパーにとっては、

平均7時間睡眠じゃ疲れは取れないですよね。

 

母としても、時間が解決するよ~と

どっしり構えているつもりでも、

やっぱり気になるし、実はちょっと焦ります。

 

そんな本調子じゃない状態のせいか、

いつもではあり得ないことが起きました。

 

手帳がない!

普段持ち歩いているものが、なくなるなんてあり得ない!

心当たりをいくら探してもない。

 

潜在意識で、出てくるイメージをして、

ここだよね~?って言ってもない。

こんなところにあったりして~?って言ってもない。

 

これは、何のお告げなんだ???

 

思い当たるふしが、1つだけあります。

 

言霊のせいだ!

静岡県掛川市にある事任八幡宮。(ことのまま と読みます。)

神社の名前の通り、言ったとおりに願いがかなう神社です。

 

御祭神は己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)。

言葉を使って真実を取り結ぶ神様。

言霊の神さまなのです。

 

2014年8月、相撲元小結でタレントの龍虎さんが、

事任八幡宮にて亡くなったというニュースがありました。

 

以前、ここの神様にお願いしたことが叶ったので、

そのお礼参りに訪れた時のことです。

 

ニュースによれば、龍虎さんが参拝に来始めたのは、

亡くなった日から3年ほど前。

 

以前から心臓に不安を抱えていらした龍虎さんは、

「息子さんが20歳になるまで健康でいさせて欲しい」

と、事任八幡宮の神様にお願いしたそうです。

 

龍虎さんのご子息の誕生日は1994年8月。

無事に20歳になりました。

健康をありがとうと、お礼の参拝だったそうです。

 

そして、本当にきっかり20歳になった月。

お礼に向かう途中の石段で、お亡くなりになったそうです。

 

その、神様のポストカードが、

なくした手帳にはさんであるのです。

 

これはきっと、神様が耳を塞いでいたんだ!

私がネガティブな考えになったり、

ネガティブなことを言ってしまったり、

また娘も弱音を吐きまくりな時期と、

手帳がなくなった時期はぴったり重なります。

 

こう思いついた日は、

子ども未来がっこうおかあさんクラスの

先生養成講座の日の朝。

 

その日はサポーターとして、講座に参加していました。

 

既に合格している養成講座でも、

セッションを通して新しい気づきがあったり、

講座の中でもさらなる学びがあったり。

 

いろいろ深く考える機会でもあり、

家でも溜まっていたものを吐き出して。

 

心機一転!流れを変えよう!

 

そう気づいた直後に、出てきました。

一番はじめに探した、レッスン道具のバッグから。

 

不思議なものです。

私の愚痴や弱音や、すねたような願望にも似た言葉を

聞かなくてもいいように神様が耳を塞いで

隠れていてくれたんだな。

 

ありがとうございます。感謝します。

無料E-BOOK【心が軽くなる まほうの言葉50選~育児編】

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。(アイン・シュタイン/物理学者)

「今でなくても」が、「やらなかった」になるのは実に早い。(ルター/宗教改革者)

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。(ジョージ・エリオット/作家 )

 

毎日イライラしながらの子育てから脱出して、

読むだけで心が軽くなる、子育てに役立つ名言50選。

メルマガ会員限定の無料E-bookです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。