晩ごはんの献立と夢の見つけ方には共通点があった

はじめる時に情熱なんて、なくていい。

(『スタンフォード大学 夢をかなえる集中授業』より)

やる気を引き出すのに、もっとも重要でもっとも効果的なことは、夢を語ること。
では、夢がみつからない、やりたいことがわからないという子ども達は、どうしたらいいのでしょう。

みなさん、溶接は好きですか?

子ども未来がっこうでは、

  • 誰もが才能を持って生まれてきている
  • 才能 = 強みとは、そこにワクワクやエネルギーが湧いてくることが条件
  • 親は、才能を見つけて伸ばすサポートをしてあげて欲しい

というお話をしています。

 

先日の親子クラスで、参加していたおかあさんから、こんな質問を受けました。

「子どもがあまり何にも興味を示さない、やりたいことがない時は、どうしたらいいのでしょう?」

誰もが才能(強み)を持っている、かつ、

強みにはワクワクやエネルギーが湧いてくることが必要条件と言っているのに、

ワクワクすることがない子どもがいる。

これは一見、矛盾しているようですが、そうではないのです。

 

みなさんのお子さんは、溶接は好きですか?

うちの当時小2の娘は、インフルエンザで自宅療養をしていました。

幸い、発熱した翌日には熱も下がり、割りと軽く済みました。

その時の「元気になったら、何がしたい?」の答えは、

「溶接!」

たまたまテレビのDIYを紹介するコーナーで、溶接をやっていたそうです。

その直後には、「マグロ釣りたい!」とも。

それも、その日にテレビでマグロ釣りが映っていました。

 

娘が、溶接をやりたい!マグロを釣りたい!なんて思っていること、初めて聞きました。

当たり前です。娘は、そのテレビを見るまで、溶接のこともマグロ釣りも、その存在すら知らなかったのですから。

 

当然のことですが、知らないことには興味は湧きません。

おそらく、溶接やマグロ釣りに興味がある小2女子なんて、一握りでしょう。

だって、小2女子のほとんどは、溶接もマグロ釣りも知らないんだもん。

判断するということは、知っているものの中からの選択をすること

今日の晩ご飯の献立は、何にしますか?

カレーライス?

ハンバーグ?

まんばのけんちゃん?

 

今これを読んでいただいている方の中で、

「そうだ!今日はまんばのけんちゃんにしよう!」

って思った方は、何人くらいいたでしょうか。

 

大抵の方は、まんばのけんちゃん?誰?

って思いましたよね?

 

まんばのけんちゃんは、私のふるさと香川県の郷土料理です。

香川にご縁のある方以外は、

「そうだ!今日はまんばのけんちゃんにしよう!」

とは思わなかったでしょう。

(香川県民だって、そう思わなかった人も多いはず。)

 

なぜかというと、

まんばのけんちゃんを嫌いだからではなく、知らないから。

 

香川へ旅行に来る方は、たいてい

讃岐うどんとか骨付き鳥とか、有名なものを食べます。

 

それは、「香川に行ったら何を食べよう?」と考えたときに、

【知っている香川の食べ物】の中から、選ぶことになるからです。

まんばのけんちゃんは家庭料理なので、お店ではお目にかかることは少ないです。

だから、知られない=選択肢に入らない。

判断の幅を広げるには、選択肢を増やすしかない。

だから、たくさんのものを見て聞いて体験していくことが、夢をみつける近道なのです。

 

“やりたいことがない子ども”は、実は“まだワクワクすることに出会っていない子”

大丈夫。これから出会います。

いろんなことを見たり聞いたり、行ったり食べたり。経験のシャワーを浴びてください。

そして、知っているというだけで、好きか嫌いかは、判断できません。

溶接は大好きですか?

マグロ、どうしても釣りたいですか?

まんばのけんちゃん、ものすごく食べたいですか?

 

何かを経験する時、はじめから

「すごくやりたい!」という気持ちはなくても大丈夫。

私が読んだ本『スタンフォード大学 夢をかなえる集中授業』には、

はじめる時に情熱なんて、なくていい。

とあります。

夢中になる・熱中するのは、ある程度やってみてから。

やり進めていくうちに、それが面白くなってきたら、そこに情熱が湧いてくるのです。

 

好きなこと、ワクワクすること、夢をみつけるには、ある程度やってみること

この【ある程度】が大事。

好きか嫌いか、わかるまでやってみる。

ちょっとやっただけでは、自分がそれを好きか嫌いかは、わからないのです。

そのことの【面白さがわかるまで】やってみる。

そうすると、わくわくすること、自分の強み、夢が見えてきます。

 

いろいろなものに触れて“選択肢”を増やし、少しでも興味の沸いたものを経験してみる。

そして、面白さがわかるまでやってみる。

はじめからMAXでわくわくしていなくてもいいのです。

無料E-BOOK【心が軽くなる まほうの言葉50選~育児編】

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。(アイン・シュタイン/物理学者)

「今でなくても」が、「やらなかった」になるのは実に早い。(ルター/宗教改革者)

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。(ジョージ・エリオット/作家 )

 

毎日イライラしながらの子育てから脱出して、

読むだけで心が軽くなる、子育てに役立つ名言50選。

メルマガ会員限定の無料E-bookです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。