PTA親育ち講演会でお話しました

講演してきました

先日、娘の母校である多治見市立滝呂小学校のPTA親育ち講演会で、

子ども未来がっこうの親子クラスの一部《おかあさんのためのミニ授業》の

講演をしました。

約80名というたくさんの方にお集まりいただき、

たくさんの方にお話しできたことを嬉しく思います。

 

大人数はサイコーの気分

久しぶりの大人数で、演壇からの眺めはサイコーでした。

気持ちよかったです。

改めて、私は人前で話すのが好きなんだな~と。

 

昔、臨床検査技師をしていた頃、

私は全国の病院の検査室を作ってまわるという

仕事をしていました。

 

その時にも、検査に関する病院全体の新しい運用の説明を

看護師さんたちにする立場にありました。

 

その当時は、自分もまだ若いし、

ベテラン看護師さんたちのパワーに圧倒されながら

なんとか前で話しをしていましたが。

 

当時から、練習は緊張するんだけど、いざ本番となると

なぜか全然緊張しないんですよね。

 

その理由が、最近わかりました。

 

私のポジティブな台本のおかげ

私は意外と完璧主義なので

「まちがってもいいわ~」とは、思わないんです。

 

ただ、ここで働いているポジティブな台本とは、

「たぶん間違えずにできるはず」

「もし間違ったとしても、それくらいでは私の評価は下がらない」

「これは、自分の思いをたくさんの人に届けるチャンス」

といったもの。

 

おそらく、そのさらに奥では、

「練習は裏切らない」

という台本が隠れているのだと思います。

 

資料を読み返し、下準備をしっかりしたから大丈夫。

そういう経験から作られた台本です。

 

人前で話をするのが怖い、緊張するという人は、

「間違えてはいけない」

「うまくやらないといけない」

「失敗したら笑われるだろう」

という、ネガティブな台本に制限されているんです。

 

いやなことも、苦手意識のあるものも、すべては台本のせいなのです。

自分の台本に気づいて、幸せ台本に書き換えると、

日常的なさまざまなことが、楽になりますよ。

無料E-BOOK【心が軽くなる まほうの言葉50選~育児編】

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。(アイン・シュタイン/物理学者)

「今でなくても」が、「やらなかった」になるのは実に早い。(ルター/宗教改革者)

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。(ジョージ・エリオット/作家 )

 

毎日イライラしながらの子育てから脱出して、

読むだけで心が軽くなる、子育てに役立つ名言50選。

メルマガ会員限定の無料E-bookです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。