第1章 魔法が使えるようになりました。

実体験のレポートです。

これは、11歳の娘が『子ども未来がっこう』を
受講した時のことを書いた、私のブログのまとめです。
私たち親子が体験した《生の声》をぜひお読みください。

自信をなくした11歳の娘が、子ども未来がっこうを受けて魔法使いになった話

冗談ではありません。本当なんです。
先日『子ども魔法がっこう(現;子ども未来がっこう)』に行き、魔法の使い方を教わってきたのです。

どんな魔法が使えるようになったのかと言うと...

1つめ。勉強が楽しくなりました♪

最後まで諦めずに、自力で考えて

問題を解く能力を身につけたようです。

 

それって、当たり前のようで、案外難しい。

6年生になったので、

4月1日から新しいワークになりました。

 

なんでも、5年生の時のワークよりも、

楽しいようです。

(確かに、このシリーズはポイントも押さえてあって、

解説もわかりやすい、オススメ問題集なのですが。)

 

解らないところは、すぐにアドバイスを欲しがる娘。

手が止まると、すぐに

「何か困ってる?」と声をかけてしまう母。

先日もいつものように

「何か困ってる?」と声をかけたら、なんと!

「もう少しで解けそうだから、もうちょっと自分で考えるわ。」

ええっ?! 母びっくり!(笑)

小さいことだけれども、劇的な変化です。

解らない

→考えるのをやめる

→一応解くけどすぐ忘れちゃう

→解らない。

→面白くない。

から、

解らない

もう少し頑張って考える

→解った!

→楽しい!もう一問!

これはかなりいい感じ。

やっぱり何事も楽しんでやらなくちゃ!

自分から始めるから、

やりなさいよ!って言われなくて済むし♪

 

2つめ。水泳で自己ベストが出せました♪

クロールを泳ぎ続けて、1年8ヶ月。

あと3秒の壁は大きかった…

2月の進級テスト週間の、初日にまさかの骨折!

週5時間泳いでいたのに、一気にゼロへ。

5週間の強制お休み。4

月1日から4日間の短期教室まで、

水泳はおあずけでした。

昨日のタイム測定でも、毎度おなじみ「あと3秒」

前半はいいんだけど、後半、気持ちが負けてる…

 今朝のテストが、5年生の基準タイムで受けられる

最後のチャンス。

(来月からは、基準タイムがさらに2秒縮まるのです。)

 

いいイメージを浮かべて。

「ダメかも…」は捨てて。

 

いつもならギャラリーから、

アドバイスというダメ出しを送るのですが、

今日は「いい感じ!」「ばっちり!」「その調子!」と、

方便の大サービス(笑)

 

いざ泳ぎ始めると、時計を見なくてもわかるくらいの、

明らかに自己ベストが出るスピード!

 

後半も、隣で泳ぐ中学生に必死に食らいついて戻ってきました。

 

合格ラインは微妙で分からなかったのですが、

自己ベストが出た手応えがあったのか、本人も満足そう。

結果は約4秒縮めて、合格!

素晴らしい!完全に『魔法使い』でした。

 第2章『魔法が使えなかった頃の話』へ

子ども未来がっこう 多治見教室 講座ラインナップ

★子どものやる気を自信を取り戻す
《子ども未来がっこう 親子クラス》
https://peraichi.com/landing_pages/view/kodomooyako

★幸せ台本に書き換えて イライラしない子育てを実践
《おかあさんのための子ども未来がっこう 台本書き換えコース》
https://peraichi.com/landing_pages/view/kodomom

★宝探しのように才能を見つけるカードゲーム
《天才カード 親子クラス》
https://peraichi.com/landing_pages/view/tensaicard2

★おかあさんの笑顔が子どもを笑顔にする
《天才カード おとなクラス》
https://peraichi.com/landing_pages/view/tensaicard2

★親子クラス向け 無料メール講座
《才能発見!子どもの強みを10個プレゼントする14日間メール講座》
http://eepurl.com/cQYBI9

★おかあさんクラス向け 無料メール講座
《イライラを元から撃退!おかあさんが少しずつ楽になる14日間メール講座》
http://eepurl.com/cPiDuX

はじめまして「日本強み研究所」です

なな色サロンのセミナー部門は

日本強み研究所として生まれ変わりました。

  • 子ども未来がっこう 多治見教室
  • 天才カードクラス
  • 子ども未来がっこう 認定講師講座
  • ストレングス・チーム・マネジメントセミナー
  • PTA講演会のご依頼・お問合せ

などは、日本強み研究所の公式サイトをご覧ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。